ブログ

井上ひろしニュース 10月号

教育こども委員会で吉村市長を追求

9月20日、市会教育子ども委員会が開会しました。私は、学力テストの結果を教員評価に結びつけようとしている吉村市長の姿勢を問いただしました。

そもそも学力テストは、教育課題を見つけ出すという趣旨で始められたものであり、テストの結果を学校現場はもとよりこどもたちの評価に利用してはならないと文科省も規定しています。

学力を上げるために、教育行政は何をしなければならないのかが問われています。吉村市長や維新の会は学校現場をただただ過剰な管理と競争にさらしてきました。このことが学力を上げるどころか逆効果となって表れている現実をまずは直視するべきです。

教育行政は教育環境の整備に徹するというのが定石であり、経済格差が教育格差に直結している状況を改善すべく、大阪ではとりわけ顕著に表れている”子どもの貧困問題”に真剣に取り組むとともに、少人数学級を推進しこどもたちに目が行き届く環境をつくる、教員の欠員状態を一刻も早く解消し、こどもたちへのきめ細かい教育を実践できる環境を整備することなどが必要とされているのです。
「介入」ではなく「支援」。これが教育行政の鉄則です。

【10月の無料法律相談のご案内】

毎月、きづがわ共同法律事務所の弁護士さんが来所して、ご相談にのります。
相談は予約制です。当事務所で予約を受け付けていますので、必ずご予約下さい。

電話 6673-3630  受付 平日の午前9時半~午後5時まで。

◯10月3日(水)午後6時~
 場 所  住吉民主診療所

◯10月5日(金)午後2時~
 場 所  住吉民主商工会
 ※この相談のみ、申し込みは直接民主商工会へ
 電話 6694-8484

◯10月12日(金) 午後6時~
 場 所 住吉生活と健康を守る会

◯10月23日(水) 午後6時~
 場 所 生活相談所 苅田連絡所

トラックバック

コメントはまだありません

No comments yet.

コメント

コメント公開は承認制になっています。公開までに時間がかかることがあります。
内容によっては公開されないこともあります。

メールアドレスなどの個人情報は、お問い合せへの返信や、臨時のお知らせ・ご案内などにのみ使用いたします。また、ご意見・ご相談の内容は、HPや宣伝物において匿名でご紹介することがあります。あらかじめご了承ください。