その他のページ

シリーズ 「カジノ・万博を問う」~巨額の財政負担~ NO.1

2025年の万博が、大阪市で開催されることになりましたが、少なくない市民の中から「巨額の財政負担が待ち 受けているのではないか。」といった懸念の声が広がっています。

気の遠くなるような万博資金計画についての情報が、市民の中へ伝わるほどに懸念の声がさらに高まっていくことは間違いあリません。

懸念されるのは資金計画だけではなく、様々なリスクを 抱えたイベントであることが明らかになっています。

そこで、シリーズ「カジノ・ 万博を問う」として、カジノ・ 万博の問題点を検証していきたいと思います。

万博開催地(夢洲)の埋め立て費用は、当初100億円と試算されていましたが、万博開催決定後の市議会に提案された補正予算は136僚円に。なんと36億円も上積みされているではあリませんか。

1250億円とされる会場建設費や540億円と言われる地下鉄延伸費などが一体どこまで膨れ上がるのかも全く不透明なままであリ、国や府、経済界との間で費用負担についての話し合いがスムーズに進むのかも疑問視される中、今の資金計画をそのまま進めていけば巨額の市民負担は免れないことだけははっきリしています。

夢洲という人工島に万博聞催地を限定すれば、際限のない負担が待ち構えているのであリ、巨額の市民負担は絶対に回避しなければなリませんので、「簡素な万博」への軌道修正を強く求めていきます。