ブログ

吉村市長の対応への指摘

7月10日の市政改革特別委員会で、大阪北部地震発生時、吉村市長がツイッターで「全校休校にする指示を出しました」と投稿した問題を取り上げました。

教育委員会は地震発生後、「休校は校園長の判断で」と各学校にメールを発信しましたが、その2時間後に市長のツイッターが投稿されたため、保護者への対応等で学校現場は大混乱に陥りました。

今回の市長の情報発信について検証しなければならないのは、一人の指揮官がトップダウンで現場の判断を度外視して、400以上もの学校現場に対して一律機械的な対応を命じることが、本当の危機管理につながるのかという点です。

地震発生時においては、学校を取り巻く地域性や地震の被害の地域差など、まずは学校が置かれている状況をよく見極める必要があります。

そもそも学校園は災害避難所でもある訳ですから、休校の判断は各学校園の判断で冷静に行う必要があったのです。

災害対策本部長(市長)が災害時に、現場を混乱させるようなメッセージを発信してはならないと厳しく指摘しました。

国民平和大行進に参加 

今年も全国で国民平和大行進が行われました。

雨の降る中たくさんの方が参加、勇気持って核兵器のない世界実現を願いながら行進を行いました。

7月4日平和行進出発集会7月4日平和行進

井上ひろし 市政相談所だより

■□ 災害に強い、安全・安心の住みよいまちづくりを! □■

先日の地震を教訓に、安全・安心のまちづくりに関連して、大和川の氾濫対策にも引き続き取り組んでおり、7月下旬には昨年につづいて、河川管理者である国土交通省への交渉を行うことをご報告いたします。

いま安倍政権は、「公益性」のないカジノ実施法案の強行をねらっており、大阪府・大阪賭博(とばく)場の建設をテコに、大型開発を進めるのではなく、災害に強い安全・安心の住みよいまちづくりにこそ、最優先で予算を執行していかなければならないはずです。

市民の命を守ることに責任を果たす、まともな政治をいまこそ取り戻していきましょう。

■□ 7月度の無料法律相談のご案内 □■

毎月、きづがわ共同法律事務所の弁護士さんが来所して、ご相談にのります。
相談は予約制です。当事務所で予約を受け付けていますので、必ずご予約下さい。

電話 6673-3630
受付 平日の午前9時半~午後5時まで。
——————————————————————————
◇7月4日(水)  午後6時~
場 所  住吉民主診療所

◇7月6日(金) 午後2時~
場 所  住吉民主商工会
※この相談のみ、申込みは直接民主商工会へ
電話 6694-8484

◇7月11日(水)午後6時~
場 所  住吉生活と健康を守る会

◇7月25日(水) 午後6時~
場 所  生活相談所 苅田連絡所
——————————————————————————

災害に強い街づくりを

6月18日震度6弱の地震が発生し、通学中の小学校4年生の児童を含む5名の方々が、今回の震災で亡くなられました。
衷心よりご冥福をお祈りいたします。
また、被災された多数の方々に、心からお見舞い申し上げます。

早速、日本共産党は地震対策本部を設置し、行政や関係機関とも連携をとり対応にあたっています。

私もすぐに住吉区役所に連絡をし、区内の学校や通学路をはじめ、地域の危険箇所の総点検と安全確保を求めました。

ぜひ、地域で危険箇所等に気づかれたら、井上までご一報をお願いいたします。

大阪市民が大阪市を守った、大阪市民革命の歴史的勝利!市民の願い実現に全力を尽くします!(動画)

大阪市民が大阪市を守った、歴史的勝利!

いよいよ投票日!最後の最後まで、反対票を広げます!(動画)

IMG_7434[1]

いよいよ、5月17日、決着をつける日がやってきました。

 

 本日もマイクを使っての宣伝やビラ配布、「反対」票の支持拡大は自由に活動できますので、最後の一日、もうひと踏ん張り頑張りましょう。私も宣伝カーでの宣伝を中心に最後の最後まで、住吉中を訴え抜いて頑張ります。

 

 維新の独裁から市民と民主主義を守るたたかいです。あらためて、お互い気を引きしめ、必ず勝利を勝ち取りましょう。