新着情報

私のおいたちと議員活動の原点

私の曾祖母は井上仲子といい、「筋骨矯正術」といういわゆる整体術を考案した人物です。

明治・大正にかけ、大阪・京都・東京などで「行気堂」という治療所を構え貧しい人を優先的に治療し、無料で施術する日には「赤い旗」を治療所になびかせたといいます。曾祖母の話は子供の頃から父に聞かされ、いつしか私も「人の役に立ちたい」と医療の道を志すようになりました。

 

子供(学生)時代
子供の頃は、遊びにも勉強にも積極的に取り組む、活発で元気いっぱいの子でした。茨城県の私学の進学校に進んだものの、そこでいきなり「中1ギャップ」の壁にぶつかりました。生徒達の“自分で考える力”や“創造力”を育むことよりも、進学校だったこともあり、受験に勝ち抜くための知識と技術を教え込む学校教育のあり方に疑問を感じる日々を送るようになり、大好きだった学校の勉強が大嫌いになってしまいました。中学・高校と柔道部で格闘技に熱中しながら、医療への道は諦められず、苦痛でしかなかった受験も何とか乗り切りました。

 

大阪の鍼灸学生時代に出会った恩師からは、「上医は国(政治)を治す」という教えを受け、ただ生業のためだけの治療家になるのではなく、“政治や社会を正す”という大志をもった治療家になれと常々諭されました。「命の沙汰も金次第」といった政治と社会の風潮が強まる時代、私が日本共産党と出会ったのは必然だと思っています。そして、そ祖母や恩師の教えが、日々の政治活動の支柱となっています。

「全ての人々の尊厳を守りたい-」

これが私のおいたちや経験の中で育まれてきた政治信条です。
鍼灸学生時代、長崎で開催された原水爆禁止世界大会に参加したことが、日本共産党に入党する大きなきっかけとなりました。学生時代に平和運動に触れ、鍼灸師として医療現場で働く中で、命の尊さや人間の尊厳を守ることの大切さを学ぶことができました。

「戦争も核もない平和な世界を」「医療も介護も安心して受けられる社会を」

というのが、私の議員活動の原点となっています。

いよいよ予算市会が始まります!

統一地方選挙前の最後の予算議会が、1月31日の市会運営委員会を皮切りに本格的にスタートします。

全国一高い介護保険料には何らの手当てもせず、国保料はさらなる値上げの強行を狙い、住吉市民病院の跡地へは、付帯決議にも反し入院機能を全く整備しない方向。

結局、巨額の資金を要する“カジノ万博”への気兼ねから、市民のくらしや福祉には全く光が当たらない予算案が示されようとしています。

「カジノよりくらし」「都構想より防災・減災」

この声は市民多数のものになろうとしています。

この怒れる声を背景に、全力で議会論戦に挑むとともに、必ず4月の統一地方選挙で維新政治に終止符を打つ決意です。

Voiceの特集を見ました。

ボイスの特集を見て、橋下氏と議会でさんざん論戦したのを思い出しました。あれだけ二重行政だ、市民病院と府立急性期を統合したら素晴らしい病院になると豪語していたのに、現状は惨憺たる状況に。私が指摘してきた通りの事態に陥っています。 地域医療を混乱させた罪は極めて重い。

 

今週末に『つどい・市政報告会』を行います。ぜひお越しください。

日時/3月16日(土)午後2時~
場所/苅田土地改良記念館(住吉区苅田9丁目5-27)

日時/3月17日(日)午後2時~
場所/依羅小学校(住吉区我孫子4-11-48)

住吉区市民アンケートを実施しました

昨年12月から今年1月にかけて住吉区で市民アンケートを行いました。98人の方から回答をいただきました。ご協力していただいた市民のみなさんありがとうございます。回答は今後の市政に活かしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下はアンケートの結果です。

 

子育て世代を全力で応援します。

住吉市民病院の産科、小児科が「2重行政のムダ」を理由に閉院、府立急性期·総合医療センターに統合されました。

重症·重篤でなくても気軽に診てもらえていた市民病院が廃止される一方、その患者のすべて受け入れるとした府立急性期の利用者からは「気軽に行けない」「受け入れてもらえなかった」などの声があがっています。

住吉区ではお産できるところが減っています。医療は2重、3重にあってこそ安心して暮らし、子育てすることができます。住吉市民病院の跡地に小児·周産期医療の病床をつくるよう、今後もはたらきかけていきます。

本日18:15の毎日放送(MBS)のニュース番組「VOICE」にて、住吉市民病院について特集されるようです。『住吉市民病院閉鎖から1年 取り残される小児医療…二重行政解消の余波』

日本共産党演説会にて

2月23日(土) の演説会にて話をさせていただいたことの一部をご紹介します。

**********

この4年間、市議会で維新の会と真っ向勝負をして参りました。

日本共産党での一番の実績は何か?と問われると、この大阪市を守ったことだと思っています。

4年前、日本共産党の宣伝カーの上に、平松元市長、地元住吉区選出の自民党現職議員、当時の民主党の市会の党者の方、そして私の4人が乗り、住吉区の地下鉄我孫子駅にて、「大阪市廃止・分割」になんとしてもストップを掛けようじゃないかと、党派、立場を越え、4人で力を合わせたことを思い出します。

大阪市の存続を勝ち取ったこと、これは大きな実績だと自負しています。

 

先日の市議会でも新たな実績が生まれました。

本議会で出された意見書「放課後児童健全育成事業の質の確保を求める意見書案」です。

維新の会含めて、全会一致で可決したのです。

また、2/18、教育子供委員会にある陳情書があがりました。「学力テストの結果を学校現場や教員の評価(つまり賃金)に結びつけるのは撤回すべきだ」という内容でした。

これも、自民党以外一致で採択されました。

これもまた役割実績のひとつだと思っています。

*********

教育委員会は、「チームだ!」と連帯を強く主張します。

それなのに、責任はキャプテンの学校長にとらせようとする。

めちゃくちゃな話ではありませんか。

「チームなのであれば総指揮者の教育委員会にこそ責任の所在がある」と私は、言い続けて来ました。

少人数学級についても、全国で実績があり、科学的な証拠もあることを伝えてきました。

今後も、現場の声を聞かない無責任さに対して、撤回されるまで突っ込んでいくつもりです。

 

2 / 1412345...10...最後 »